日本の名車バイク編について

我が国ではバイクを作るという技術が早い段階で発達していたと言うことではありません。国産バイクとして生産されるようになってきたのは1950年代から60年代となっています。日本で初めての国産バイクが作られたのは、1909年の関西の技術者によるものです。

その後は開発が続けられるという中で、主流となったのは欧米のバイクをコピーして作ると言うことです。そして第二次世界大戦の後に国内のバイクメーカーが急に増えてきます。1950年代中頃には国内で150余り物バイクメーカーが存在していました。

これはバイク編ではよく取り上げられるものですが、バイクだけではなく四輪を含めた全部の輸送用機器で、単一シリーズとしては歴史の中で一番多く生産された初代のモデルとなっています。現在でも新しいエンジンを搭載したものが生産されています。ヤマハのYDS1はスポーツバイクとなります。ワークスレーサーのレプリカ的な存在となっており、国産市販車では初めての5速ミッションを装備しています。

ロードレースやモトクロスの両方で活躍していました。ホンダで初めてのスポーツモデルとしてドリームスーパースポーツがあります。世界市場を考慮して開発が行われ、大型バイクが中心となっているアメリカでも非常に大きな人気となりました。レースでの活躍した1台です。このように日本の名車と呼ばれるものは、現在でもまだ残っているものがたくさんあります。

私のおすすめサイト

チャットレディの気になる事も
よくわからない事もわかりやすく解説した求人情報です

起業まで全てワンストップ!お得で充実の仙台会社設立
今なら最大17万お得になるキャンペーン中

荷物の多い横浜のお引越しはムービングエスで!
大きめトラックで格安配送!

ちゅらトゥースホワイトニングは歯が白くなるだけじゃない?
虫歯も口臭も減らせるんです!