ヤマハYZF-R1とは

YZF-R1はヤマハ発動機(主にオートバイを中心とした輸送用機器を製造するメーカー。二輪の売上規模は世界第2位)が1998年に販売開始した。4ストローク998ccの大型自動二輪車、量産市販車では初となるYCC-I(可変式エアファンネル)を装備する。ホンダ・CBR900RRの対向車種となるスーパーもでる、エンジンとフレームは、FZR1000やYZF1000Rサンダーエースとの差別化を図るために、全くの新設計で開発され、FZR1000以来、ヤマハのリッターモデルに倒立フロントフォークが採用された。YZF-R1は中型車並の重量に当時最高クラスのエンジン出力、鋭角的なデザインが話題となり、スーパースポーツブームの火付け役となった。今までのスーパースポーツマシンとしての金字塔であったCBR900RがSSへと改良され、スズキからはGSX-R750のバアアップ版である、GSX-R1000が登場することになり、各社が激し合い、SS戦国時代へ突入していくこととなる。

カワサキのNINJAの歴史

名車と呼ばれるバイクは数多く存在しますが、その中でも特にカワサキのNINJAは別格と言えるかもしれません。1984年にカワサキが総力を結集して作り上げたNINJAは正に名車というべきバイクで、4サイクルDOHCエンジンを搭載し、110馬力という高出力を叩き出したのです。テスト走行では市販車として初めて時速240キロを超える事に成功し、名実共に世界最速のバイクという呼び名をほしいままにしました。細部まで計算されたボディや、総合的なバランスが優れていた事からこのような記録を出す事に成功したNINJAは、多くのライダーから畏敬の念を持って見られるようになるのです。海外で製作された人気映画の主人公がカワサキのNINJAに乗っていた事もあり、その洗練された独創的なフォルムに多くの人が注目しました。その為、映画を観た人の多くが鮮明に記憶し、更なる人気を拡大したのです。個性溢れるスタイルと、峠のワインディングでは充分すぎるスペックを持つパワーユニットは、今でも多くのライダーを魅了し、ロングセラーモデルとなっています。

ヤマハTZR250Rには強い思い出があります。

“皆さんはバイクは好きでしょうか。実際に走りに行くのが好きといった方やテレビなどでレースを観戦するのが好きという方など様々だと思います。そんな自分は走りに行くのも好きですし、レースを観戦するのも大好きです。あまりに好きすぎてバイクのコレクションまでしています。
その中でも強い思い出があるのが、ヤマハのTZR250Rというスポーツタイプのバイクです。このバイクは自分がはじめて買ったもので、加速感と排気音が魅力のバイクです。当時、若かった自分はコイツと共に良く峠に出向いたりもしていました。あの時は本当に楽しかったです。静かな峠で鳴り響く、あの排気音は今でも思い出すだけでカラダがゾクッとしてしまいます。今はさすがにあの加速にカラダがついていけないため鑑賞にしていますが、ヤマハTZR250Rをみるたびに楽しい思い出がよみがえってきます。本当にヤマハTZR250Rは素晴らしいバイクです。
バイクには楽しみ方がたくさんあるので趣味がみつからなく困っている方は、バイクを趣味にしてみてはどうでしょうか。バイクはオススメできる趣味です。”

ホンダのNSR250Rについて

新型の2ストレーサーレプリカが続々と登場した1980年代半ばから後半。ヤマハはクランクケースリードバルブ並列2気筒のTZR250を登場させ、スズキはピストンリードバルブ並列2気筒のRG250Yを進化させていきました。カワサキはタンデムツインのKR250・KR250Sを発売していましたが、こちらはレプリカ路線から少々離れたモデルと言えます。そんなライバル車の一歩先行くかたちで、クランクケースリードバルブV型2気筒エンジンを搭載したホンダのNSR250Rは、まさに保安部品を装着したレーサーと言っても過言ではない装備とスペックを誇りました。1軸クランク90度Vツインは、幅がスリムで、深いバンク角のまま低重心化を図れ、前傾して前方に設置する事で、直進性と旋回性を両立。更に90度の狭角にする事で、一次振動を理論上消滅させ、エンジンのリジッドマウントを可能にし、アルミフレームの軽量化と高剛性化を実現しました。更にコンピューター制御で回転数に応じて排気ポートの可変バルブを調整するRCバルブを採用。全回転域でスムーズかつトルクフルな特性を実現し、最高速は200km/hオーバーを誇りました。車体は目の字断面アルミツインチューブフレーム、角型アルミスイングアームと軽量・高剛性な内容で、フロントブレーキは2ポットキャリパー&フローティングディスク、前17インチ&後18インチホイール、Φ39mmのフロントフォーク、プロリンクサスと足回りも充実の内容。ホンダのNSR250Rは、この後のレーサーレプリカにも強い影響を与える事になり、2ストレプリカの新時代の起点となったモデルと言えます。

ホンダCB750Fには特別な思い出があります。

皆さんはホンダCB750Fというバイクを知っていますか。バイク好きの方ならもちろん知っているバイクだと思います。そんなホンダCB750Fは、自分も好きで特別な思い出があります。
当時、若かった自分は免許は持っていたのですが、肝心のバイクの方は持っていませんでした。多少小さいバイクを買うお金はあったのですが、その頃どうしてもほしいバイクがあり、お金を必死で貯めていたのです。そのほしいバイクというのが、ホンダCB750Fだったのです。
バイトから帰ってきてはちょっと休憩して、また他のバイトに行くという生活を送っていました。あの頃はどうしてもあのバイクが欲しかったので、本当に頑張っていました。今では考えられないほど全力だったと思います。人間目標があるとあんなに頑張れるものなんですね。その辛く厳しいバイト生活を経て、やっとの思いで購入したホンダCB750Fの乗り心地は今でも忘れる事ができません。あまりの嬉しさに一人で遠出した事もあった位です。そんな経験は今ではとても良い思い出になっています。ちなみに、今でもそのバイクは家にあり、たまに整備しながらツーリングにいっています。今でも色あせないあのフォルムはやっぱり最高です。あれだけ時代を感じさせないバイクは、他にないのではないかと自分は思っています。これからも大事にしていきたいバイクの一つです。
もし気になったという方がいたら検索してみると良いでしょう。あのバイクをみたらきっとツーリングに行きたくなるはずです。

カワサキZ2の年式とモデルの豆知識

カワサキZ2は750RSという正式名称で呼ばれるもので、その年式は限られているものです。750RSの後期型になると正式名称はZ750FOURとなり、更にその後ではZ750D1となります。Z750FOURやZ750D1も形はパッと見た感じではほぼ同じです。オートバイに興味のない人ではその形の違いにすら気付かない事と思います。Z750FOURまでをZ2と呼ぶ人もいれば、Z750D1までも呼ぶ人まで様々ですが、本来ならZ750FOURまでの称号だと思います。その理由としては形式名からきており、生産開始の初期モデルの1973年の750RSから1977年モデルのZ750FOURまでの形式名はZ2となっており、Z750D1からの形式はZ750Dとなっているからです。ちなみにRSというのはロードスターを意味し、当時のカワサキ社の4ストロークモデルシリーズの名称でありました。上記のようにZ2と呼ばれる車両の製造は僅か4年ほどしかなかった上に、当時の生産状態からして現状のような大量生産もできないので、今となってはその価値が上がっているのはこの事からも解ると思います。説によると16000台しか生産されていないという記事をよく見かけるのですが、40年経った現在どのくらいの車両が残っているのでしょうか。エンジンの載せ替えなども当然あるので、オリジナルのままの車両が残っているのはほんの僅かか、もしくはもう残っていないのかというレベルの台数である事と思います。

スズキのカタナのバイクに関して

バイクの種類はたくさんあると言われている中で、最も人気が出ている物はスズキのカタナだ。その理由としては他のバイクと比べてみると非常に性能が高くなっていて、実際に走っている時の疾走感がとてもあるからだ。しかも経済的にも価格が抑えられていて、あまり高いお金は必要ないと言われているくらいに安くなっている。だから価格が高いバイクを買えない人達はスズキのカタナを購入すれば良く、絶対に満足する買い物となるのだ。それに店側と交渉次第ではもっと安くなるかもしれないので、より安く手に入れたい人達は努力してみる事に意味がある。そこで工夫して得られるメリットを見ると、スズキのカタナのバイクはどれほど歴史が深いかを調べる事である。この事は実際に乗るならば理解しておくべきで、深くまで知ると新たな価値感が生まれてくるからだ。それにバイクの見方も変わってくる事がほとんどで、興味や関心を引く情報も多く入ってくるのである。それらは実際にバイクに乗る時には必要不可欠な物だから、なるべく忘れない様にする事が求められている。そして次に他の工夫して得られるメリットは、それぞれの種類のバイクと細かい所まで比較してみる事だ。この事はスズキのカタナのバイクをより理解する必要があり、それには他のバイクと比べる事が良い調べ方と成り得るからである。それにバイクに関する新たな知識も身に付く可能性が出ているので、それも的確に活用していくべきだ。