ホンダのNSR250Rについて

新型の2ストレーサーレプリカが続々と登場した1980年代半ばから後半。ヤマハはクランクケースリードバルブ並列2気筒のTZR250を登場させ、スズキはピストンリードバルブ並列2気筒のRG250Yを進化させていきました。カワサキはタンデムツインのKR250・KR250Sを発売していましたが、こちらはレプリカ路線から少々離れたモデルと言えます。そんなライバル車の一歩先行くかたちで、クランクケースリードバルブV型2気筒エンジンを搭載したホンダのNSR250Rは、まさに保安部品を装着したレーサーと言っても過言ではない装備とスペックを誇りました。1軸クランク90度Vツインは、幅がスリムで、深いバンク角のまま低重心化を図れ、前傾して前方に設置する事で、直進性と旋回性を両立。更に90度の狭角にする事で、一次振動を理論上消滅させ、エンジンのリジッドマウントを可能にし、アルミフレームの軽量化と高剛性化を実現しました。更にコンピューター制御で回転数に応じて排気ポートの可変バルブを調整するRCバルブを採用。全回転域でスムーズかつトルクフルな特性を実現し、最高速は200km/hオーバーを誇りました。車体は目の字断面アルミツインチューブフレーム、角型アルミスイングアームと軽量・高剛性な内容で、フロントブレーキは2ポットキャリパー&フローティングディスク、前17インチ&後18インチホイール、Φ39mmのフロントフォーク、プロリンクサスと足回りも充実の内容。ホンダのNSR250Rは、この後のレーサーレプリカにも強い影響を与える事になり、2ストレプリカの新時代の起点となったモデルと言えます。