ヤマハYZF-R1とは

YZF-R1はヤマハ発動機(主にオートバイを中心とした輸送用機器を製造するメーカー。二輪の売上規模は世界第2位)が1998年に販売開始した。4ストローク998ccの大型自動二輪車、量産市販車では初となるYCC-I(可変式エアファンネル)を装備する。ホンダ・CBR900RRの対向車種となるスーパーもでる、エンジンとフレームは、FZR1000やYZF1000Rサンダーエースとの差別化を図るために、全くの新設計で開発され、FZR1000以来、ヤマハのリッターモデルに倒立フロントフォークが採用された。YZF-R1は中型車並の重量に当時最高クラスのエンジン出力、鋭角的なデザインが話題となり、スーパースポーツブームの火付け役となった。今までのスーパースポーツマシンとしての金字塔であったCBR900RがSSへと改良され、スズキからはGSX-R750のバアアップ版である、GSX-R1000が登場することになり、各社が激し合い、SS戦国時代へ突入していくこととなる。

カワサキのNINJAの歴史

名車と呼ばれるバイクは数多く存在しますが、その中でも特にカワサキのNINJAは別格と言えるかもしれません。1984年にカワサキが総力を結集して作り上げたNINJAは正に名車というべきバイクで、4サイクルDOHCエンジンを搭載し、110馬力という高出力を叩き出したのです。テスト走行では市販車として初めて時速240キロを超える事に成功し、名実共に世界最速のバイクという呼び名をほしいままにしました。細部まで計算されたボディや、総合的なバランスが優れていた事からこのような記録を出す事に成功したNINJAは、多くのライダーから畏敬の念を持って見られるようになるのです。海外で製作された人気映画の主人公がカワサキのNINJAに乗っていた事もあり、その洗練された独創的なフォルムに多くの人が注目しました。その為、映画を観た人の多くが鮮明に記憶し、更なる人気を拡大したのです。個性溢れるスタイルと、峠のワインディングでは充分すぎるスペックを持つパワーユニットは、今でも多くのライダーを魅了し、ロングセラーモデルとなっています。

ヤマハTZR250Rには強い思い出があります。

“皆さんはバイクは好きでしょうか。実際に走りに行くのが好きといった方やテレビなどでレースを観戦するのが好きという方など様々だと思います。そんな自分は走りに行くのも好きですし、レースを観戦するのも大好きです。あまりに好きすぎてバイクのコレクションまでしています。
その中でも強い思い出があるのが、ヤマハのTZR250Rというスポーツタイプのバイクです。このバイクは自分がはじめて買ったもので、加速感と排気音が魅力のバイクです。当時、若かった自分はコイツと共に良く峠に出向いたりもしていました。あの時は本当に楽しかったです。静かな峠で鳴り響く、あの排気音は今でも思い出すだけでカラダがゾクッとしてしまいます。今はさすがにあの加速にカラダがついていけないため鑑賞にしていますが、ヤマハTZR250Rをみるたびに楽しい思い出がよみがえってきます。本当にヤマハTZR250Rは素晴らしいバイクです。
バイクには楽しみ方がたくさんあるので趣味がみつからなく困っている方は、バイクを趣味にしてみてはどうでしょうか。バイクはオススメできる趣味です。”