ヤマハYZF-R1とは

YZF-R1はヤマハ発動機(主にオートバイを中心とした輸送用機器を製造するメーカー。二輪の売上規模は世界第2位)が1998年に販売開始した。4ストローク998ccの大型自動二輪車、量産市販車では初となるYCC-I(可変式エアファンネル)を装備する。ホンダ・CBR900RRの対向車種となるスーパーもでる、エンジンとフレームは、FZR1000やYZF1000Rサンダーエースとの差別化を図るために、全くの新設計で開発され、FZR1000以来、ヤマハのリッターモデルに倒立フロントフォークが採用された。YZF-R1は中型車並の重量に当時最高クラスのエンジン出力、鋭角的なデザインが話題となり、スーパースポーツブームの火付け役となった。今までのスーパースポーツマシンとしての金字塔であったCBR900RがSSへと改良され、スズキからはGSX-R750のバアアップ版である、GSX-R1000が登場することになり、各社が激し合い、SS戦国時代へ突入していくこととなる。

コメントを残す

名称 *
メールアドレス *
ウェブサイト